TAKAHIRO、市原隼人、岡田義徳、みんな信長!?『3人の信長』初映像が公開

©株式会社シネマトゥデイ

『3人の信長』ポスタービジュアル - (C) 2019「3人の信長」製作委員会

 TAKAHIROEXILE)、市原隼人岡田義徳が「我こそ織田信長」と主張する3人の織田信長を演じる映画『3人の信長』(9月20日公開)より、特報映像が公開された。

【動画】どれが本物の信長?『3人の信長』特報映像

 TAKAHIROが時代劇映画で初主演を務める本作は、我こそが信長だと主張する3人(TAKAHIRO、市原、岡田)と、主を討たれ復讐心に燃える元今川軍の侍たちとの攻防を描いた時代劇エンターテインメント。3人の中で最も頭がキレるかぶき者の「信長・甲」役をTAKAHIRO、噂通りの貫禄はあるが、ときどき天然な「信長・乙」役を市原、噂通りのうつけ者だが、まったく読めない「信長・丙」役を岡田が担う。

 公開された映像では、信長の首を狙う元今川軍の蒲原氏徳(高嶋政宏)たちに捕らえられた3人の信長の姿を見ることができる。また、信長・甲役のTAKAHIROが「本物の信長はだ~れだっ!」と挑発的な態度を取り、3人の“自称”信長が同じ動作とタイミングであくびをして「クセも同じ!」と敵が翻弄(ほんろう)されるさまが切り取られている。

 主演のTAKAHIROは「岡田義徳さん、市原隼人さんをはじめ、大先輩であり豪華すぎるキャストの皆様との素晴らしい出会いに感謝します。心地よい緊張感の中、良いチームワークで作り上げたこの作品が、皆さんに愛される映画になることを心から願っております!!」と意気込んでいる。

 一方の市原は「『3人の信長』という枠の中で、信長の枠を壊そうと精いっぱい遊ばせていただきました。誰が信長なのか、という心理戦があり、ちょっとした言葉とか、目線とか表情が伏線となってつながっていくので、一瞬一瞬に注目してご覧ください」と語り、岡田は「歴史も題材にし、ちゃんとしたフィクションで、面白い話ができたというのは、僕にとっては挑戦的な一本となりました。すごくフランクに観れる時代劇ですので、楽しみにして観に来てください」とコメントを寄せている。

 また、ポスタービジュアルも公開され、「ホンモノ、だ~れだっ!」というキャッチコピーに、3人の信長のちょんまげ姿が写し出されている。(編集部・梅山富美子)