死産胎児トイレに流す、埼玉

さいたま赤十字病院、清掃員ミス

©一般社団法人共同通信社

 さいたま赤十字病院(さいたま市)で3月、入院中の女性(36)がトイレで死産した胎児を、清掃員が誤って流していたことが16日、市保健所などへの取材で分かった。胎児は14週だった。発見されておらず、病院は女性や家族に謝罪した。

 市保健所などによると、女性は3月15日に胎児の心肺停止が確認されたため、18日に入院。19日午後3時10分ごろ、分娩の前に医師の許可を得てトイレに行った際に死産した。その後、職員の指示で分娩室で待機していたところ、トイレを流す音と職員の悲鳴が聞こえたという。

 病院側は今後、再発防止策として清掃員のマニュアル改定を進める。