「イライラして殴った」電車で男性殴られ骨折、傷害容疑で男逮捕 茂原署

©株式会社千葉日報社

 電車内で男性を殴りけがを負わせたとして、千葉県警茂原署は15日、傷害の疑いで千葉市中央区、自称とび職の男(23)を逮捕、送検したと発表した。

 逮捕容疑は4月22日午後8時ごろ、JR外房線大網-永田駅間を走行中の下り電車内で、男性会社員(18)=茂原市=の右頬を拳で1回殴り、あごの骨を折る重傷を負わせた疑い。

 同署によると、車両の連結部付近にいた男性とすれ違いざまに体がぶつかり「イライラして殴った」と容疑を認めている。防犯カメラ映像などから容疑者が浮上した。

 内房・外房線では3月以降、電車内で女性が男に声を掛けられ殴られる事件が数件発生。容疑者が関与をほのめかす供述をしており、関連を調べる。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)