小説家の花村萬月氏『幻冬舎で本は出さない』と発言 見城徹氏『訴訟するしかなくなる』と徹底抗戦の構え

©TABLO

自身の著作も多い見城氏。画像は『編集者という病い (集英社文庫)』より

『俺が駆け出しのころだ。』といった書き出しで始まったツイートには、現在幻冬舎の代表取締役社長である見城徹(けんじょう とおる)さんを非難する内容が含まれていました。

まだ角川書店の編集者だった見城氏に出会ったという花村萬月(はなむら まんげつ)さん。そこで見城氏から言われた言葉が衝撃的だったという。

『見城は仰有った。
「ボクは小説は最後しか読まない。」』

『それは文字通り、小説のラストだけ目を通して、すべてを決めるということで、雑念が入らぬぶん、当たりを出せるということ──らしい。』

最後しか読まない編集者の会社から本を出したくないと角川書店との仕事をやめようとも思ったそうですが、見城氏は自分の担当ではないし担当者とはとても馬が合うという理由で、思いとどまったそうです。

小説家と編集者の間で意見が合わないという事は往々にしてある事とは思いますが、花村氏の見城氏に対するツイートは更に過激化していきます。

参考記事:見城氏についての言及があります 博士が生放送中に番組を降板した「真」の理由 『水道橋博士×町山智浩 がメッタ斬りトーク』 | TABLO

『当時、見城に靡いている作家がたくさんいた。バカじゃねえの。最後しか読まねえ編集者にお世辞を大量にぶち込まれて、とてもよい気分。なにせ、あなたの作品が大好きっていう手紙を書くのが特技のすばらしい編集者だからね。最後しか読まないけれど。』

『詐欺師の会社から本を出すわけにはいかない。』

『ねえ、俺に似た頭の貴男、見城にいろいろおだてられていい気分かもしれないけれど、多分、最後しか読んでないよ~』

と見城氏だけではなく、見城氏の元で本を出している作家までもを侮辱する内容に。

関連記事:こちらもツイッターで大炎上 やばいよ小島瑠璃子! 人命救助の高校生に水を差す「知識が無い人が火事の現場に介入しちゃダメ」で大炎上 | TABLO

その後、見城氏もTwitterを更新。

『しかし、嘘付きというのはいるんだね(笑)。Twitterで何を発言しても構わないが、嘘だけは勘弁して欲しい。訴訟するのは気が進まないが、訴訟するしかなくなる。』

この一連の花村氏の発言に対してと明言はしていないが、そうであることは火を見るよりも明らか。

と言う花村氏ですが、訴訟となれば「幻冬舎とは仕事をしない」という問題ではなくなってしまう事でしょう。(文◎絹田たぬき)