高橋一生×斎藤工×滝藤賢一がアラフォー独身ならではの悩みに直面

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系の土曜ナイトドラマ「東京独身男子」(土曜午後11:15)は、没頭できる仕事や趣味を持ち、家事能力も高く、友達と充実した日々を過ごす独身男性、“あえて結婚しない”男子=「AK男子」たちの本音を、高橋一生、斎藤工、滝藤賢一の3人が体現していくラブコメディー。50歳まで1度も結婚したことのない男性が4人に1人いるといわれる時代だからこそ生まれた“新たな男性ゾーン”にスポットを当てたドラマだ。

自由な独身生活を謳歌(おうか)していた石橋太郎(高橋)、三好玲也(斎藤)、岩倉和彦(滝藤)は、元恋人との再会、体力の減退、高齢の親との同居と、それぞれの事情をきっかけに“結婚”を意識し始める。そんな恋愛模様の一方で、第5話以降“アラフォー独身”である彼らに突きつけられるのは「転職」や「健康不安」「老後」など、人生の後半戦を迎えるにあたっての「人生の課題」だ。

5月18日放送・第5話では、他の企業からヘッドハンティングを受けた太郎が、その事をきっかけにサラリーマン人生の後半戦を強く意識しはじめ、行動を起こす姿が描かれる。さらに今後は、体力の衰えを心配した太郎ら3人が人間ドックを訪れ、40歳前後の自分たちの身体に起きているさまざまな変化や兆候を目の当たりにし、あぜんとするといったリアルなシーンも登場する。

アラフォー独身男子の太郎、三好、岩倉の3人が次なるステージへと進むきっかけとなる第5話で、ついに太郎がかずな(仲里依紗)と結ばれることを決意した矢先、元恋人で海外へ旅立ったはずの竹嶋舞衣(高橋メアリージュン)が目の前に現れる。行きがかり上、太郎、かずな、舞衣の奇妙な共同生活が始まり…。同じころ、岩倉と三好は、日比野透子(桜井ユキ)を巡り激論に。ほどなくヘッドハンティングの誘いを受けた太郎だったが、かずなと舞衣、それぞれから違う意見をぶつけられ大混乱。そんな中、父・和雄(小野武彦)の看病のお礼にと、透子をささやかな食事会に招待した岩倉。しかし、そこへ三好と太郎が押しかけ、かずなと舞衣も加わり、一堂に会した6人は波乱模様に!!