男児プール死亡で賠償命令、京都

保育所側に2千万円

©一般社団法人共同通信社

判決後、榛葉天翔ちゃんの写真を前に記者会見する父親の英樹さん=16日午後、京都市

 京都市の認可保育所「せいしん幼児園」のプールで2014年、園児の榛葉天翔ちゃん=当時(4)=が死亡したのは監視を怠ったのが原因として、両親らが園を運営する社会福祉法人「正親福祉会」に慰謝料など約4200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁は16日、約2千万円の支払いを命じた。

 井上一成裁判長は判決理由で、当時の担任保育士ら2人が「監視や指導の役割分担をせず、その場を離れたり他の作業をしたりした」と指摘し、監視義務違反を認定。同会は、保育士らに事故のリスクを周知する義務を怠ったとした。