ランパード率いるダービー、リーズを下してプレーオフ決勝進出!

©株式会社愛幸

11日に行われた、リーズとのフットボールリーグ・チャンピオンシッププレーオフ第1戦目は、本拠地で0-1と敗れていたダービー・カウンティ。今季は3戦3敗と分が悪い相手に決勝進出を賭け再びアウェイの地へ乗り込んだ。試合は想定外の打ち合いとなったが結果は4-2でダービーの逆転勝利。残り1枠のプレミアリーグ昇格を争ってアストンヴィラとの決勝に臨む。

若きイレブンたちが躍動、ダービーが逆転で決勝へ!

11日に行われたプレーオフ第1戦目では0‐1と敗れていたダービー。今季のリーズとの対戦結果はこれで3戦3敗、2戦目も圧倒的リーズ有利の見方がされていたが、若き才能メイソン・マウントやハリーウィルソンの活躍もあり4-2で見事逆転勝利を収めた。

第2戦目のハイライト(全ゴール)

試合は24分にリーズが動かす。セットプレーの流れから送られたボールはそのまま右ポストに当たり、こぼれ球をDFスチュアートダラスが押し込んだ。これで2戦合計2‐0、ホームチームには若干の余裕が生まれたかに思えた。

だがそれも束の間、前半終了間際にDFラインでまさかの連携ミスが起こる。ダービーFWベネットが競り合ったボールはリーズ最終ラインの裏へ。CBクーパーが対応を試みるも、GKカシージャが前進してきたため交錯。無人のゴールへ途中出場のFWマリオットが押し込んだ。

これでトータル2-1、あと1点とればアウェイゴールで上回るダービーは46分、若き有望株二人が魅せる。バイタルエリア中央でボールを受けたのはハリー・ウィルソン、相手を引き付け左サイドのスペースにボールを送るとメイソン・マウントが巧みなフェイントからループ気味のシュ―トでゴールネットを揺らした。

その10分後にはFWベネットが倒されアウェイチームがPKを獲得。ウィルソンが落ち着いてゴール右隅に決めトータルスコアは3-2に。ウィルソンはこの日1ゴール1アシスト、リヴァプールから出向中の若きタレントが輝きを見せる形となった。

その後リーズは62分にダラスがこの日2点目となるゴールで再び試合を読めなくしたが、85分にこちらもこの日2点目となるFWマリオットのゴールを許し万事休す。ダービーが下馬評を覆し決勝進出を決めた。

試合後、ランパード監督も喜びを爆発。涙を流し答えたインタビューがなんとも印象的であった。