出頭要請23回応じず男逮捕

速度超過容疑、札幌

©一般社団法人共同通信社

 北海道警は16日、道交法違反(速度超過)の疑いで、札幌市中央区の会社役員田中重則容疑者(56)を逮捕した。認否を保留している。

 逮捕容疑は2016年8月25日午前6時半ごろ、北広島市の国道36号で、法定速度60キロを35キロオーバーの時速95キロで乗用車を運転した疑い。

 道警によると、田中容疑者は17年3月に出頭したが、事情聴取で認否を明らかにしないまま帰宅。その後道警が今年4月までに電話や勤務先への訪問などで計23回出頭を要請したが応じなかった。田中容疑者は調べに対し「金を払えば良いんでしょ」と話しているという。