伸芽会の学童保育、2019年6月に学芸大学校を新規開校予定

©株式会社イード

伸芽’Sクラブ

伸芽’Sクラブは2019年6月、学芸大学駅至近に「伸芽’Sクラブ学童 学芸大学校」を開校する。5月15日より、新会員(小1・小2・小3)、2020年4月からの新1年生の先行予約の受付を行っている。

伸芽’Sクラブ学童は、伸芽会の提唱する”幼小一貫教育”に基づいた教育プログラムを取り入れた学童保育。忙しい家庭に代わって、子どもの放課後を丸ごとサポート。机に向かう学習習慣付けから将来の中学・高校・大学受験に向けた学力養成のほか、オプションサービスにて本格的な習い事や四季を通じた多彩な体験なども実施している。

学童サービスの対象は、小学1年生から3年生。利用日は月曜日から土曜日まで(祝日を含む/12月29日から1月3日は休み)で、基本時間は午後1時から8時まで。午前7時30分からの早朝延長や午後9時までの夜間延長も受け付けている。

月極利用料金の例では、週5回で月6万2,640円のほか、設備維持費として月1万800円が必要となる。Webサイトでは、早朝・夜間延長の料金やピアノ・ヴァイオリン、絵画・造形といったプラスワン教育(オプション)の料金例なども掲載している。

校舎は目黒校や飯田橋校、自由が丘校、田町校など、首都圏主要駅至近の好立地にあり、送り迎えにも便利。校舎によって異なるが、定員はそれぞれ30人から40人。入退室管理システムによるセキュリティーや、給食サービスなども備えている。

入会基準は、伸芽’Sクラブ入会審査基準を満たす子どもが対象。入会希望者は、子どもと一緒に入会面談を受ける必要がある。現在、学童全校舎で2020年度4月からの利用分の先行予約を受付中。すでに定員間近の校舎もあるため、興味がある人は早めに問い合わせてほしいという。

黄金崎綾乃