ポピー500万本 鮮やかに 島原・火張山花公園

©株式会社長崎新聞社

平成新山をバックに、色とりどりのポピーを楽しむ来園者=しまばら火張山花公園

 「春の花まつり」が開催中の長崎県島原市上折橋町のしまばら火張山(ひばるやま)花公園で、色とりどりのポピーが見ごろとなり、訪れた人の目を楽しませている。
 公園を維持管理するNPO法人「芝桜公園をつくる会」(松本良一理事長)によると、ポピーは園内約10ヘクタールのうち、2ヘクタールに500万本を植栽。赤、ピンク、オレンジなどカラフルな花々が園内を彩り、写真に収める人の姿も多く見られる。
 毎年ポピーを見に来るという同市有明町湯江の無職、金子加代子さん(75)は「ポピーの花びらはきれいで木々の緑に映える。風に揺れる花々は喜んでいるよう」と話した。
 松本理事長によると、今週末に満開を迎え、今月いっぱいは見ごろが続くという。