<レスリング>【記録】育英大は6大学目、過去には山梨学院大も達成…東日本学生リーグ戦・初出場初優勝

©公益財団法人日本レスリング協会

最多優勝を誇る日体大・松本慎吾監督と、初出場で「優勝1」を刻んだ育英大・柳川美磨監督(左)=撮影・矢吹建夫

 今年の東日本学生リーグ戦は、二部リーグでに初出場した育英大(群馬県高崎市)が初優勝した。

 89回目を迎えた大会で、所属リーグは問わず、初出場で「優勝」を引き寄せたのは8大学目。ただ、第1回大会が初出場初優勝であるのは当然。1969年大会は初出場の2大学を四部リーグとして行ったので、どちらが勝っても「初出場初優勝」となるので除くとして、実質的に6大学目となる。

 現在ではなくなっているチームも多いが、昨年まで6連覇していた山梨学院大もいる。さて、育英大は山梨学院大に続くことができるか。


東日本学生リーグ戦・初出場初優勝チーム

No. 大学 所属リーグ・出場数 入れ替え戦

6 2019年 育英大 二部リーグ 8大学 防大に勝ち、一部リーグへ昇格

5 1988年 青森大 三部リーグ 6大学 不戦勝で二部リーグへ昇格

4 1981年 八戸大 三部リーグ 6大学 不戦勝で二部リーグへ昇格

3 1980年 群馬大 三部リーグ 6大学 駒沢大に敗れ、二部リーグ昇格ならず

2 1977年 山梨学院大 三部リーグ 5大学 不戦勝で二部リーグへ昇格

1 1974年 八戸工大 二部リーグ 15大学 法大に勝ち、一部リーグへ昇格