夜まで遊び尽くす! グループ向けルート

ガバナーズアイランド黄金ルート②

©Trend Pot NY,LLC

A 「ブレイジング・サドルス」ではこんなユニークな自転車に乗れる

夜まで遊び尽くす! グループ向けルート

①自転車で島をぐるり
マンハッタンから島に着いたら、中心部まで歩き、「ブレイジング・サドルス・バイクレンタル」で自転車を借りよう(A)。グループみんなで乗れる大型自転車を借りることができ、島内を見て回るのにうってつけだ。フェリー降り場からすぐの所に、おなじみシティバイクもある。

緑のトンネルが続く並木道を通り抜け、ウィリアムス城から、マンハッタンビューの海沿いをサイクリングすれば、日頃のストレスもたちまち吹き飛ぶ。

②アートを堪能
島内には無料で楽しめるアート作品が多数。中でもぜひ見ておきたいのが、「ブレイジング・サドルス」近くに設置された「ネバー・カムズ・トゥモロー」。昨年から展示が始まったばかりのトンネル型アートで、木や鉄などの素材がミックスされたカラフルな作品。下をくぐるとまるで別世界にいるような感覚をもたらしてくれる。

B 素朴で美しいキャビン

絶景とアートのコラボレーションなら、島の南部・ディスカバリーヒル中腹のキャビンへ(B)。マンハッタンハーバーを背景にたたずむ白い小屋は、まるで絵画のような美しさだ。

③にぎやかにランチ
島にはバーベキューが可能なスポットが2カ所。いずれも2日前までの予約が必要(先着順)だが、景色を楽しむランチは最高。時間指定はなく、おなかの空き具合に応じて利用できるのがうれしい。詳細はウェブ(govisland.com/permits/gi-gatherings)参照。

C 赤いハンモックは人気必至!

④ハンモックの癒やし
満腹になったら一休み、ハンモック広場へ(C)。青空と豊かな緑に映える赤いハンモックが約50個設置されており、自由の女神やマンハッタンのスカイラインが見えるものも。無心で揺られれば、最高のくつろぎを得られるに違いない。

⑤動いてストレス発散!
週末限定オープンのアドベンチャーコーナーは、スキル別のクライミングウオールに、計18ホールのミニゴルフコースなど、四つの施設をそろえる。中でも魅力的なのが、ジップラインと巨大迷路だ。10メートル以上の高さに吊られるジップラインは、ワン・ワールドタワーなどマンハッタンの絶景を楽しむには最高。約90メートルのラインを時速33キロで進み、まるで空を飛んでいるような感覚を味わえる。価格は1人14ドル、2人同時なら25ドルだ。

四つのチェックポイントを見つける巨大迷路「アメイゼン・メイズ」もおすすめ。グループに分かれて、誰が最初にゴールするか競い合うのも楽しい。詳細はウェブ(adventuresgovisland.com)参照。

⑥ビアガーデンで乾杯!
自転車を返したら、最後はビアガーデンへ。フェリー乗り場近くの「アイランドオイスター」で、景色を楽しみながらカクテルを頂こう。日が暮れゆくのを感じながら、仲間と共に酔う時間は、最高の夏の思い出の締めくくりにふさわしい。