1年で「プレミアの真似」を廃止!セリエA、移籍期間が元に戻る

©株式会社コリー

『Sport Mediaset』は16日、「イタリアサッカー連盟(FIGC)は、2019-20シーズンの移籍期間を決定した」と報じた。

現在イングランド・プレミアリーグでは移籍マーケットの期間を短縮しており、開幕戦の前に選手の新規登録を締め切っている。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

昨季イタリアもそれに習って7月1日~8月18日までの移籍マーケットを設定していたが、わずか1年でそれを破棄することにしたようだ。

2019-20シーズンの夏季については、2017年以前と同じく7月1日から新規登録を受け付け、9月2日まで(1日が日曜日であるため)行うことができるとのこと。

【関連記事】今季のセリエA、最もイケてるユニフォームTOP5はこれだ!

なお、冬季のマーケットについてはこれまで通り2020年1月2日からスタートし、1月31日が締め切り日となる。