「マンチェスター・U、エレーラの代役に欲しい3人の実力派MF」

©株式会社コリー

プレミアリーグ6位でシーズンを終えたマンチェスター・ユナイテッド。契約満了で退団する選手たちも多く、夏移籍では多くの動きがありそうだ。

ここでは、『sportskeeda』による「アンデル・エレーラの完璧な代役になりうるMFたち」を見てみる。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

ルーベン・ネヴェス(ウォルヴァーハンプトン)

ユナイテッドがエレーラの後釜として狙いを定めている選手のひとり。

今季が初めてのプレミアリーグ参戦だったが、素晴らしいパフォーマンスを見せた。7位に躍進したウルヴスの原動力となり、今季のプレミアでも最も傑出していたMFのひとりといえる。

【関連記事】「史上最強の『0円移籍』、TOP10!」

一撃必殺のスルーパスと高精度の長距離砲、さらに中盤からゲームを読む力も兼備。攻守に奮闘できる彼は代役としてうってつけだろう。まだ22歳と若いが、それはむしろ利点になるはずだ。

アブデュライ・ドゥクレ(ワトフォード)

2016年にワトフォードに移籍して以降、チームで最も突出したパフォーマンスを見せてるひとり。

昨季は7ゴール3アシストと攻撃面でも進化し、チームの年間最優秀選手にも選ばれた。 今季も5ゴール6アシストと確かなプレーを披露。

プレミアリーグの経験を持つ選手として、ユナイテッドが注視するべき存在だ。26歳と成熟期を迎えており、ビッグクラブへの移籍にも準備はできている。 

ハードワークができるBox to BoxなMFとして、エレーラの素晴らしい代役になれることだろう。ユナイテッドに必要なタイプでもある。

ニコロー・バレッラ(カリアリ)

22歳のイタリア代表MF。

まだビッグネームではないだろうが、今最も人気あるMFのひとりだ。ユナイテッドにとっても魅力的な存在のはず。

渋い好選手を生み出してきたカリアリらしい選手で、アグレッシブにボールを奪って飛び出していくBox to BoxタイプのMFだ。

ナインゴランと比較されることもあり、小柄ながら今季は1試合平均2.8回のタックルを記録。彼ならユナイテッドの中盤に“パンチ”をもたらしうるだろう。

リリース条項は5000万ユーロ(61億円)に設定されているが、ユーヴェらも関心を示しており、速く動くのが賢明かもしれない。