【プレミアリーグ】「試合前に頭剃ってこいって…」ベッカム氏がファーガソン監督との衝撃エピソード明かす

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

デイビッド・ベッカム氏はサー・アレックス・ファーガソン監督の下でプレーした当時を振り返り、試合前に丸刈りにされた衝撃エピソードを明かした。

【プレミアリーグ】スールシャール正式監督就任を元同僚ベッカム氏が祝福「これからも偉大な功績を残すだろう」

2000-01シーズンにウェンブリー・スタジアムで行われたチェルシーとのFAコミュニティ・シールドに出場したベッカム氏。サッカー界を代表するファッショニスタであるベッカム氏は当時モヒカンヘアーであったが、ファーガソン監督に見つかると、ピッチに立つ前に髪の毛を剃れと命じられたようだ。「ロッカールームを歩いていた時、彼に髪型を見せないよう帽子をかぶって歩いていたんだ。見つかったら絶対に怒られると思ったからね」とファーガソン監督の逆鱗に触れたこと口にした。

【MLS】ベッカムの功績称えロサンゼルスに銅像を建立!クオリティが意外に高い!

「トレーニング時も帽子、トレーニング後も帽子を被り、ホテルを歩いている時、朝食や夕食…バスに乗ってスタジアムに向かう時でさえもバレないように帽子を被っていたよ。そして試合前の準備の時、ついに彼に見つかって言われたよ。“今すぐ頭剃ってこい!”ってね。僕は最初“ノー”って行ったけどダメだった。僕は急いでバリカンを探して剃りに行ったよ。チームでは監督がルールだからね」。

ユナイテッド時代に坊主だったエピソードを明かしたベッカム氏