夢舞台へステップ 独、米にバレエ留学

©株式会社岩手日報社

ドイツと米国にバレエ短期留学する新沼紗夏さん(右)と沢口暖和君

 盛岡市の新沼紗夏(さな)さん(盛岡白百合学園中1年)と沢口暖和(はると)君(杜陵小5年)は今月から、ドイツと米国の名門バレエ学校に短期留学する。世界各国の指導者、生徒たちと切磋琢磨(せっさたくま)し、さらなる飛躍にもつながる大きなチャンスに2人は心を躍らせている。

 新沼さんはジャパンバレエコンペティション東京(4月1日、東京都)、沢口君はユース・アメリカ・グランプリ日本予選(昨年10月30日~11月4日、兵庫県)で、留学の権利が得られるスカラシップを受賞した。新沼さんは5月28日~6月5日にドイツ・ベルリンの国立バレエ学校、沢口君は5月21~28日に米シカゴのジョフリー・バレエ・アカデミーで学ぶ。

 今回は短期留学だが、現地での成績次第では長期の留学にもつながる。クラシックバレエ以外のダンスレッスンも受講でき、舞踊を学ぶ子どもたちにとって貴重な研さんの場となる。