愛知・田原市で新たに豚コレラ

県、4千頭超を殺処分へ

©一般社団法人共同通信社

豚コレラが発生した愛知県田原市の養豚場周辺で防疫作業を進める作業員=17日夕

 愛知県は17日、同県田原市内の養豚場で豚コレラが発生したと発表した。農林水産省は一連の豚コレラの23例目としており、愛知県内では10例目。養豚場は約3千頭、隣接施設は約1300頭が飼育されているとみられ、県は全頭を殺処分する。

 県によると、養豚場は3月29日に発生を確認した同市内の養豚場から2.1キロの距離にある。県が新たな異常がないか確認を進めるうち、今月16日の検査で陽性反応が出た。症状はなかったが再検査でも17日に陽性反応が出たため、国と協議し疑似患畜と判定した。

 今回の養豚場の隣には別の養豚場があり、隣接施設も殺処分の対象とした。