錦織、大坂なおみ ベスト4進出なるか。フェデラーはチチパスとの準々決勝に臨む

©株式会社WOWOW

錦織(左)と大坂なおみ(右)

■「ATP1000 ローマ」(イタリア・ローマ/5月12~19日/クレーコート)

17日の大会6日目、男子シングルス準々決勝。第6シードの錦織圭(日本/日清食品)が世界24位ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦する。

錦織はシュワルツマンとは過去3勝0敗と負け無し。また、両者ともに前日大会5日目のダブルヘッダーを乗り越えて勝ち上がっている。

3回戦後のインタビューで、錦織はシュワルツマンとの次戦について「とてもストロークに技術のある選手なので、タフな試合にはなると思いますけど。プレーも良くなってはきているので、自分のプレーをしっかりして、明日も頑張ります」と意気込み。

タフなスケジュールの中、両者がどのようなプレーを見せるか。試合は日本時間20時30分頃に開始予定だ。

そのほか、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は第7シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)と。第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)は同胞の世界38位フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)と対戦する。

また、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)は、過去1勝1敗の相手第8シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)との準々決勝に臨む。

■「BNL イタリア国際」(イタリア・ローマ/5月13~19日/クレーコート)

大会5日目、女子シングルス準々決勝。第1シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第6シードのキキ・バーテンズ(オランダ)と対戦する。

両者の対戦成績は1勝1敗(2018年「WTAファイナルズ」での大坂の途中棄権も含む)。クレーコートでの対戦は今回が初となる。

大坂も錦織と同様、前日には1日2試合のダブルヘッダーを戦い、初戦となった2回戦と3回戦いずれも快勝。今回の対戦相手バーテンズも前日2試合行い、どちらもフルセットで勝ち上がっている。

トップ10同士の対戦で、両者がどのような試合展開を見せるか。試合は日本時間19時に開始予定だ。

そのほか、第4シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)が世界51位ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)と対戦する。元世界1位の両者、過去対戦成績はプリスコバの3勝4敗で今回8度目の対戦となる。

女子ダブルス準々決勝では、青山修子(日本/近藤乳業)/リジア・マロザバ(ベラルーシ)が第1シードのバーボラ・クレイチコバ(チェコ)/カテリーナ・シニアコバ(チェコ)と対戦する。

◇ ◇ ◇

【5月17日の注目ドロー】

◆「ATP1000 ローマ」

男子シングルス準々決勝

ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)対 [6]錦織圭(日本/日清食品)

[1]ノバク・ジョコビッチ(セルビア)対 [7]フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)

フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)対 [2]ラファエル・ナダル(スペイン)

[8]ステファノス・チチパス(ギリシャ)対 [3]ロジャー・フェデラー(スイス)

男子ダブルス準々決勝

[3]フアン セバスチャン・カバル(コロンビア)/ロベルト・ファラ(コロンビア)対 [7]ボブ・ブライアン(アメリカ)/マイク・ブライアン(アメリカ)

◆「BNL イタリア国際」

女子シングルス準々決勝

[1]大坂なおみ(日本/日清食品)対 [6]キキ・バーテンズ(オランダ)

[WC]ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)対 [4]カロリーナ・プリスコバ(チェコ)

マルケタ・ボンドルソバ(チェコ)対 ジョハナ・コンタ(イギリス)

[Q]クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)対 [Q]マリア・サカーリ(ギリシャ)

女子ダブルス準々決勝

[1]バーボラ・クレイチコバ(チェコ)/カテリーナ・シニアコバ(チェコ)対 青山修子(日本/近藤乳業)/リジア・マロザバ(ベラルーシ)

(テニスデイリー編集部)

※写真は錦織(左:Photo by Julian Finney/Getty Images)と大坂なおみ(右:Photo by Julian Finney/Getty Images)