ヘンク優勝!伊東純也、先制の「基点」となったプレーがこれ(動画あり)

©株式会社コリー

16日、ベルギー国内リーグのプレーオフ1第9節が行われ、ヘンクが8年ぶり4度目の優勝を飾った。

2位クルブ・ブルッヘとの勝点差を3で迎えたヘンクは、5位に沈むアンデルレヒトと対戦。敵地で行われた試合は1-1の引き分けに終わったものの他会場でブルッヘが敗れたため、最終節を残してヘンクの優勝が決まった。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

なお、伊東純也はこの日も右サイドで先発出場。11分に生まれた先制ゴールの場面では彼が“基点”となっていたぞ!(動画19秒から)

動画を見たい場合はここをタップ!

伊東が楔を受けて味方へパス。そこから右サイドへと展開され、ブライアン・ハイネンの先制ゴールへと繋がった。

伊東といえばダイナミックなプレーが持ち味で、その彼からすれば目立ったプレーではないかもしれない。ただ課題はむしろ細かい繋ぎの部分で、それが日本代表で控えに甘んじた理由の一つでもある。

敵に背を向けながら半身の体勢でしっかり足元に収めつつ、フリーの味方に確実なパスを送った今回のプレーは、地味ながらも彼の成長をうかがわせるものだと言えるだろう。

【関連記事】伊東純也、“伝説未遂”の超プレーをもう見たか(動画あり)

ヘンクはこの優勝によって来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権も獲得した。欧州の舞台で躍動する伊東の姿が今から楽しみである。