警戒区域、全11万戸に周知

熊本県、土砂災害に備え

©一般社団法人共同通信社

土砂災害の警戒区域を訪問し、住民に危険性を周知する熊本県益城町の地元区長ら=17日午後

 梅雨の本格化を前に、熊本県は土砂災害の警戒区域にある約11万戸を訪問するなどして危険性を周知する取り組みを始め、17日、益城町での戸別訪問の様子を公開した。県によると、このような県を挙げた各戸周知の取り組みは全国初という。

 土砂災害防止法では、土石流や地滑りといった土砂災害の恐れがある「土砂災害警戒区域」と、特に大きな被害の恐れがある「土砂災害特別警戒区域」を規定。県内では計2万1268カ所が指定されているが、これまで警報が出ても避難する人が少なく、各戸周知に踏み切った。

 自治体職員らが訪問したり、チラシを配ったりして警戒区域であることを知らせる。