養護施設長の殺害疑い、不起訴

元入所者、刑事責任能力問えず

©一般社団法人共同通信社

 東京都渋谷区の児童養護施設「若草寮」で施設長の大森信也さん(46)が刺殺された事件で、東京地検は17日、殺人容疑で送検された元入所者の男性(23)を不起訴処分にした。地検は3月13日から鑑定留置して当時の精神状態を調べ、刑事責任能力は問えないと判断。17日に心神喪失者等医療観察法に基づく鑑定入院を東京地裁に申し立てた。

 男性は2月25日午後1時50分、大森さんを包丁で刺して殺害しようとしたとして、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。大森さんは搬送先の病院で死亡が確認され、警視庁は27日に殺人容疑で送検した。

 男性は2012年~15年、若草寮に入所していた。