アニメ制作会社で違法残業

労基署が是正勧告

©一般社団法人共同通信社

 映画「サマーウォーズ」やテレビアニメ「ダイヤのA」などを手掛けるアニメ制作大手の「マッドハウス」(東京都中野区)が、男性社員に労使協定(三六協定)の上限を超える違法な長時間労働をさせたなどとして、新宿労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが17日、分かった。男性が加入する「ブラック企業ユニオン」が会見し明らかにした。

 ユニオンによると、勧告は4月17日付。男性はアニメ制作のスケジュール管理や社外の原画制作者の確保、原画の回収などを担当している。