男性殺害で懲役14年、津地裁

妻と交際の男

©一般社団法人共同通信社

 三重県鈴鹿市で昨年5月、解体作業員横山麗輝さん=当時(25)=を殺害したなどとして、横山さんの妻で飲食店経営の富士子被告(46)と共に殺人と暴行の罪に問われた富士子被告の交際相手、無職上山真生被告(30)の裁判員裁判で、津地裁は17日、懲役14年(求刑懲役17年)の判決を言い渡した。

 公判で上山被告は殺害の実行行為を否認、富士子被告も実行行為への関与を否定した。田中伸一裁判長は「3重に手袋をし、横山さんの脈を測ることができたなどとする富士子被告の供述は不自然で、信用できない」と指摘。「上山被告のみが実行行為をしたとは認められない」と判断した。