「東京独身男子」恋と結婚の間で揺れる6人が一堂に会する! そして事件が…

©株式会社東京ニュース通信社

没頭できる仕事と趣味を持ち、家事能力も高く、友達と充実した日々を過ごす“あえて結婚しない男子”=「AK男子」にスポットを当てた、テレビ朝日系の連続ドラマ「東京独身男子」(土曜午後11:15)。主演の高橋一生、斎藤工、滝藤賢一の3人が、今までにない恋愛・結婚観でアラフォー独身男性の本音を体現していくこの新感覚ラブコメディーの5月18日放送回・第5話で、ついに、メインとなる6人の男女が一堂に会する。

石橋太郎(高橋)、三好玲也(斎藤)、岩倉和彦(滝藤)の3人のAK男子と、三好かずな(仲里依紗)、竹嶋舞衣(高橋メアリージュン)、日比野透子(桜井ユキ)の女子3人が、互いの素性を知ったうえで同じ場に居合わせたことは、意外にもこれが初めて。岩倉の父・和雄(小野武彦)の快気祝いとして開かれた夕食会で、ひょんなことから一堂に会することになるが、料理自慢の太郎が腕によりをかけて作った一品をきっかけに、“事故”は思いもよらぬ“事件”へと発展していく。

第5話冒頭で、元恋人・舞衣と三好の妹・かずなという2人の女性に挟まれ、ひとつ屋根の下、過ごすことになった太郎。さらに透子との関係について、未だにケリをつけられずにいる三好と岩倉も複雑な思い。そんな微妙な空気漂う6人に、岩倉の父・和雄を加えた7人で囲む食卓での話題は、いつしか結婚に…。言葉を選びながら駆け引きのような会話をする面々だったが、徐々に各々の結婚に対する価値観が明らかになっていく。そんな中、和雄はただひとり空気を読まず、自由奔放な発言をくり出して場をかき乱していく。