人気猿回しコンビ「ゆりありく」の18年にわたる感動秘話!「2代目りく」もお披露目

©株式会社東京ニュース通信社

5月18日放送の日本テレビ系「天才! 志村どうぶつ園」(土曜午後7:00)では、日光さる軍団の人気猿回しコンビ「ゆりありく」のサル・りくが4月に天国に旅立ち、独占取材と再現VTRで18年間にわたるコンビの絆の物語を明らかにする。

同番組は、園長役の志村けん、秘書役の山瀬まみ、飼育係役の相葉雅紀がMCを務める人気動物バラエティー。番組では、ゆりありくの猿回し師・ゆりあこと鈴木由梨亜さんとりくとの出会いと別れ、そして新たな相棒・2代目りくとの出会いが明かされる。

将来の夢が「日光さる軍団の先生」だったゆりあさんは、約20年前に猿回し師・村崎太郎さんの門をたたき、なんとなく選んだ相棒が当時1歳で山で保護されたばかりの野生のサル・りくだった。入門したばかりの新人と子ザルのコンビは基本中の基本である「一緒に歩く」ことすらできず、師匠の太郎さんから「お前がサルになれ!」と言われ、サルを従わせるのではなく人間が寄り添っていく生活を送る。出会いから1年後にデビュー、その後5歳になったりくの“反抗期”を乗り越え、コンビの絆は深まり、人気者になっていった。

しかし、サルは人間よりも早く年を取っていくもの。太郎さんも「何度経験してもつらい」という別れの日がついにやってくる。今年4月5日、別れの日が訪れ、涙するゆりあさんに太郎さんはある言葉をかける。その言葉をかみしめたゆりあさんは、りくと縁のある新しい相棒・2代目りくを迎えることになる。スタジオでは2代目りくが初お披露目され、新生・ゆりありくが誕生する。