元テレ東アナ大橋未歩さん、フルマラソンに出場「未知の世界への挑戦」

©株式会社神戸新聞社

大橋未歩さん

 阪神・淡路大震災から25年となるのを前に、11月17日に開催される「第9回神戸マラソン」(神戸新聞社など共催)の特別ゲストとして、フリーアナウンサーの大橋未歩さん(40)が出場することが決まったと、実行委員会が17日発表した。大橋さんは神戸市須磨区出身。震災を経験し、防災士資格も持つ。復興への感謝を国内外に伝える大会趣旨に賛同したという。(佐藤健介)

 実行委によると、大橋さんは16歳の時に阪神・淡路で被災した。上智大卒業後、テレビ東京に入社し、スポーツやバラエティーなどのレギュラー番組を担当。2013年に脳梗塞を発症したが復帰し、17年末からフリーとして活躍する。

 フルマラソンは初めてといい、ランナーと共に復興した港町を駆ける。大橋さんは「未知の世界への挑戦を、皆さまと一緒に乗り越えていけたらうれしい」とコメントしている。

 大会ゲストはほかに、バルセロナ五輪銀メダリスト・アトランタ五輪銅メダリストの有森裕子さん、プロ・ランニングコーチの金哲彦さんが決定している。

 ランナーのエントリーは20日午後5時まで、大会ホームページから申し込む。抽選で当落が通知される。兵庫県への10万円のふるさと納税で出走権が得られる「応援ランナー枠」は先着順で、定員に達するまで受け付けている。

 神戸マラソンランナーコールセンターTEL0570.018.500(平日午前10時~午後5時)