初夏告げる「薪御能」、奈良

幽玄の舞に魅了

©一般社団法人共同通信社

興福寺で始まった伝統行事「薪御能」=17日夕、奈良市

 古都に初夏の訪れを告げる伝統行事「薪御能」が17日、奈良市の春日大社と興福寺で始まった。かがり火が揺らめく中、観客らは幽玄の舞に魅了された。

 2日間にわたる薪御能は、平安時代の869年に興福寺の法会「修二会」で猿楽が演じられたのが始まりで、各地の野外能の源流とされる。観世、金春、宝生、金剛の4流派が披露し、狂言も演じられる。

 この日、興福寺南大門跡では観世流半能「老松 紅梅殿」を上演。その後、たいまつを手にした興福寺衆徒が薪に火を付けて舞台を照らし、金剛流能「鵜飼」などが披露された。