ロッテ2連勝、二木が7回9K無失点&鈴木3号満塁弾の活躍 楽天は打線沈黙…

©株式会社Creative2

7回に満塁本塁打を放ったロッテ・鈴木大地【画像:(C)PLM】

4回には荻野が好守備で二木をバックアップ

■ロッテ 6-1 楽天(17日・ZOZOマリン)

 ロッテは17日、本拠地で行われた楽天戦に6-1で勝利し、貯金を2に増やした。先発マウンドに上がった6年目右腕の二木康太投手が7回を3安打無失点。今季自己最多9奪三振をマークする好投で4勝目。打っては、鈴木大地内野手が7回に3号満塁アーチを右翼へ運び、快勝を引き寄せた。

 二木は序盤から伸びのあるストレートと落差のあるフォークのコンビネーションで、楽天打線に手玉に取った。初回は2死から浅村に四球、2回は2死からブラッシュに死球を与えたが、この日の初安打は4回1死まで許さなかった。

 レアードの14号ソロなどで2?0とリードで迎えた4回表。1死から島内にこの日初安打となる右前打を許すと、続くウィーラーに左前に運ばれ、1死一、二塁とする。流れが楽天サイドに傾きかけたが、ここで銀次が放った左中間浅めの打球を、中堅・荻野がスーパーマンキャッチの美技で救い、2点を守り抜いた。

 二木は5回に2死から安打と四球で走者を背負ったが、ここではルーキー辰己を空振り三振。7回にも2死から嶋に右中間へ二塁打を運ばれたが、最後はオコエを二ゴロに打ち取った。

 ロッテ打線は初回に1点を先制し、2回にレアードの14号ソロで2点目を挙げた後は、楽天の先発・美馬の前に攻め手に欠いたが、7回に息を吹き返した。2死から藤岡が中前打で出塁すると、江村が今季初安打を右翼へ運んで一、二塁。さらに荻野が四球で2死満塁としたところで、鈴木が2ボールからの3球目を捉え、右中間席へ飛び込む3号満塁アーチとし、美馬をマウンドから引きずり下ろした。

 8回、ロッテは2番手の西野がボール先行でリズムに乗りきれず。2死一、二塁からウィーラーに中前に適時打を許して1失点。最後は東條が締めて、2連勝とした。

 楽天は先発の美馬が6回まで2失点と粘ったが、打線の援護がなく、7回に力尽きた。(Full-Count編集部)