米「自動車輸入が安保脅威」

関税判断、6カ月先送り

©一般社団法人共同通信社

トランプ米大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米政権は17日、自動車や部品の輸入によって米国の安全保障が脅かされていると結論付けたと発表した。大量輸入が「米経済を弱体化させる」とし、日本と欧州にも警戒感を示した。ただ、トランプ大統領が検討している輸入自動車に対する追加関税の判断は最大で180日先送りする。18日が判断期限だった。

 一方、米ブルームバーグ通信は日本と欧州連合(EU)に車の対米輸出制限を求める大統領令を検討していると報道したが、日本政府は米政府に数量制限を求めないとの見解を確認した。