ペップ、FFP問題に「まだマンチェスター・シティは無罪」

©株式会社コリー

プレミアリーグ連覇の偉業を成し遂げたマンチェスター・シティだが、またもUEFAチャンピオンズリーグ優勝には届かず。

さらに、ファイナンシャル・フェアプレー制度(FFP)違反でCL出場権を剥奪する可能性も指摘されている。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

そうした中、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がFFPの件について触れた。『BBC』によれば、会見でこう述べたとのこと。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「何度も言ってきたが、私はクラブを信じている。

もしUEFAが我々が悪いことをしたと判断すれば、我々は罰せられるだろう。

人々が我々を有罪にしたいのは分かっている。だが、有罪と証明されるまでは無実だ。

今の我々は無罪だ」

推定無罪の原則を口にしていたとのこと。

【関連記事】「ペップのマンチェスター・Cが獲得に失敗した5人のスター」

UEFAらによるFFP違反疑惑の調査は近く決断が下るというが…。