錦織とシュワルツマン。フォアハンドのミスの数で大きな差【数字で見る試合結果】

©株式会社WOWOW

「ATP1000 ローマ」での錦織圭

「ATP1000 ローマ」(イタリア・ローマ/5月12~19日/クレーコート)の大会6日目。男子シングルス準々決勝で第6シードの錦織圭(日本/日清食品)が世界24位ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦。4-6、2-6で錦織が敗れ、準々決勝敗退となった。

この試合、錦織は昨日のダブルヘッダーの疲れからか動きが悪く、5ゲームを連取されるという苦しい立ち上がりを強いられた。そこから4ゲームを連取するも掴みかけた流れを失ってしまい、過去3勝0敗のシュワルツマンに初黒星を喫した。

この試合で目立ったのはフォアハンドでの数字。ウィナーは両者ともに7本だったが、アンフォーストエラーはシュワルツマンがわずか2本だったのに対し、錦織は16本を数えた。

また、3回戦に続き準々決勝でも5度の被ブレーク。ブレークポイントを握られたゲームは、しのぎ切ることができず全て最後はブレークされた。

「全仏オープン」前最後の大会では、サービスゲームで特に課題が残った錦織。残り約1週間でどこまで修正できるか注目される。

【錦織 対 シュワルツマン 主なスタッツ】

◆錦織
サービスエース 2本
ダブルフォルト 2本
ファーストサーブ成功率 65%
ファーストサーブポイント獲得率 59%
セカンドサーブポイント獲得率 33%
ブレークポイント勝率 2/3
ウィナー 15本
アンフォーストエラー 28本

◆シュワルツマン
サービスエース 2本
ダブルフォルト 1本
ファーストサーブ成功率 62%
ファーストサーブポイント獲得率 67%
セカンドサーブポイント獲得率 55%
ブレークポイント勝率 5/11
ウィナー 12本
アンフォーストエラー 14本

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000 ローマ」での錦織
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)