NIPPO・ヴィーニファンティーニがツアー・オブ・ジャパン2019に出場

©株式会社八重洲出版

国内最大のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン(UCIアジアツアー2.1)」が、2019年5月19日(日)に大阪・堺市にて開幕する。そこから本州を横断するように、京都、いなべ(三重)、美濃(岐阜)、南信州(長野)、富士山(静岡)、伊豆(静岡)、東京と1週間、全8ステージで競われる大会で、今年で22回目の開催となる。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネは、ジロ・デ・イタリア組とのダブルチーム体制となるが、国内屈指のクライマーである中根英登と伊藤雅和を軸に、個人総合成績を狙う布陣で挑み、集団ゴールスプリントのシーンでは、吉田隼人とイメリオ・チーマが勝利を狙う。

若手のフィリッポ・ザッカンティと初来日となるスペイン人のジョアン・ボウはクライマーで、山岳でのアシストを担い、監督はツアー・オブ・ジャパン初参加となるイタリア人のヴァレリオ・テバルディが務める。

個人総合成績を決めるうえで非常に重要になるのが、第5ステージ【南信州】からの山岳3連戦。とくに第6ステージ【富士山】はスタート後富士スピードウェイを経由しながら、富士山五合目須走口まで一気に駆け上がる世界でも稀な厳しさを誇るヒルクライムステージ。前半の平坦区間が延長されレース距離が36kmに伸びたものの、ラスト約11.5kmに組み込まれるふじあざみラインは標高差1,160m、最大勾配22%とも言われ、その厳しさは変わりない。例年、このステージでの結果が個人総合成績に大きく影響する。

また、日本サイクルスポーツセンターの周回コースを使用する第6ステージ【伊豆】も獲得標高が3750mと登坂力が要求されるステージで、ここが最後の総合成績争いのステージになる。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ出場選手
ツアー・オブ・ジャパン2019出場選手
伊藤雅和
吉田隼人
中根英登
イメリオ・チーマ(イタリア)
フィリッポ・ザッカンティ(イタリア)
ジョアン・ボウ(スペイン)
(リザーブ)ルーベンダリオ・アコスタ(コロンビア)
監督 ヴァレリオ・テバルディ

NTN presents 2019 ツアー・オブ・ジャパン
開催期間/2019年5月19日(日)〜5月26日(日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/日本
公式ホームページ

ツアー・オブ・ジャパン概要
第1ステージ 【堺】
5/19(日)13:35
大仙公園周回コース
2.6㎞(個人タイムトライアル)
獲得標高 = 10m

第2ステージ 【京都】
5/20(月)9:25(セレモニーラン)
セレモニーラン:5.5㎞(普賢寺ふれあいの駅→同志社大学京田辺キャンパス→普賢寺小学校)
普賢寺小学校前→けいはんなプラザ周回コース
<パレード3.8㎞> + <4.2㎞ + 16.8㎞ x 6周 = 105.0㎞>
獲得標高 = 1836m

第3ステージ 【いなべ】
5/21(火)9:20
阿下喜駅前→下野尻交差点→いなべ市梅林公園周回コース
<パレード3.1㎞> + <8.6㎞ + 14.8㎞ x 8周 = 127.0㎞>
獲得標高 = 1650m

第4ステージ 【美濃】
5/22(水)9:15
旧今井家住宅前→横越→美濃和紙の里会館前周回コース
<パレード4.0㎞> + <11.6㎞ + 21.3㎞ x 6周 = 139.4㎞>
獲得標高 = 1218m

第5ステージ 【南信州】
5/23(木)9:15
飯田駅→下久堅周回コース→松尾総合運動場前
<パレード7.3㎞> + <12.2㎞ x 10周 + 1.6㎞ = 123.6㎞>
獲得標高 = 2580m

第6ステージ 【富士山】
5/24(金)10:50
須走商店街→富士スピードウェイ西ゲート→富士スピードウェイ外周路周回コース→須走商店街→ふじあざみライン
<パレード6.2㎞> + <8.5km + 8.3km + 19.2km = 36.0km>
獲得標高 = 1760m

第7ステージ 【伊豆】
5/25(土)10:00
日本サイクルスポーツセンター周回コース
12.2㎞ x 10周 = 122.0㎞
獲得標高 = 3,750m

第8ステージ 【東京】
5/26(日)11:00
大井埠頭周回コース
<パレード3.8㎞> + <7.0㎞ x 16周 = 112.0㎞>
獲得標高 = 50m

総走行距離 = 767.6km
総獲得標高 = 1万2854m

中根英登のコメント

ジロ・デ・イタリアとツアー・オブ・ジャパン、チームにとってはどちらのレースも自国開催と言っても間違いではない大事なレース。 結果を残す走りを任せてもらえるからには、その責任をしっかり果たしたい。 そのために少しでも良い状態で臨めるように準備してきたので、あとは気負わず焦らずチームメイトと共に頑張ります。 応援よろしくお願いします!

伊藤雅和のコメント

自国開催のレース。 4月のヨーロッパでのレースを終えて帰国し、日本でいい練習ができた。 チーム加入以後一番といっていいほど、このレースに向けてしっかりと準備してきた。 普段からお世話になっているスポンサーの方々、ファンの方々に結果で返せるように、チーム一丸となって最後までしっかり走り抜きたい。

吉田隼人のコメント

今年は順調に、トレーニングでは日に日に、レースでは走るごとに自分のパフォーマンスを上げることに成功しています。セレクションさせたレースでは全てその時の最高のパフォーマンスを出すことを考えていますが、普段海外のレースを、走っているなかでツアー・オブ・ジャパンは母国開催で、自分にとっては地元でも走るレース。いつも以上に結果を求めて走ります。応援よろしくお願いします。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ 2019レーススケジュール(予定)
5月11日〜6月2日 Giro d'Italia(イタリア、2.UCIワールドツアー)
5月19日〜26日 Tour of Japan(日本、UCIアジアツアー2.1)