ベネズエラ対話へ仲介外交開始

ノルウェー「予備的接触」

©一般社団法人共同通信社

 【ロンドン共同】南米ベネズエラの政治危機打開に向け、反米左翼マドゥロ政権と野党連合の仲介を名乗り出ているノルウェーの外務省は17日、「ベネズエラの主要な政治的当事者の代表と予備的な接触を持った」との声明を出した。双方に対話を促すノルウェーの仲介外交が始まった。

 声明は、初期的な段階だとした上で「平和的な解決の模索を支援し続ける」と強調。ベネズエラのアレアサ外相はツイッターで「マドゥロ大統領は対話に向けたノルウェーの支援に感謝している」と表明した。

 ロイター通信は15日、マドゥロ政権と野党連合の代表者らが、ノルウェーの首都オスロに向かったと報じていた。