「輪郭が溶けてる…」Mattの“美意識過ぎる”加工写真に恐怖の声続出!

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)John Black / Shutterstock

非常に美意識が強いことで有名な、元プロ野球選手・桑田真澄氏の息子でモデルのMatt。彼がインスタグラムに投稿する写真は毎度世間をざわつかせているが、5月12日に投稿した写真は、ついに「限界突破した」などと、これまで以上に驚きの声が上がった。

もはや、どう表現すべきなのか困惑するほどの見た目になりつつあるMatt。インスタでは写真加工によって完全な人形と化しており、過去には一緒に写る人まで〝人形加工〟の餌食となり、加工された本人がコメントを出す事態にまで至った。

そんなエンターテイメント精神があふれるMattのインスタに12日、新たな写真が投稿された。

《だらだらーん #chill #仕事合間の休憩》

というコメントとともに、横たわっているMattの写真が添えられている。

 

輪郭が溶けてる!

これにファンからは、

《今日も美しいです》
《お人形さんみたい》
《美し過ぎていつまでも見ていたいです》
《透明感が本当に素晴らしいですね》

などといった称賛の声が上がった。しかしネット掲示板では、

《輪郭なくなってるやん…》
《アゴと首の区別がつかない》
《輪郭消え去ってるやん》
《なんか溶けてるんだけど》
《輪郭もだらだらーん》
《溶けてて草》
《もうアゴのあたりの輪郭が修正について行けてないし》

などといったツッコミが続出。確かに写真を見ると、輪郭と首が一体化しているように見える。

「Mattは他の芸能人と違って加工を堂々告白していますからね。今回の写真でもファンから『カメラアプリは何を使ってますか?』と聞かれ、『iPhoneのノーマルカメラで撮って、Lightroomで編集してます!』と明かしています。ここまで堂々としていると、ある意味すがすがしい。とはいえ、輪郭が溶けるほどの加工が〝正解〟だと思っている美的感覚は、やはり少し変わっているかもしれません」(芸能記者)

2世タレントは何かと不祥事問題を起こすが、Mattは穏やかに活動しているイメージ。そろそろ世間の中で、Matt再評価の流れが来るかもしれない。

 

【画像】

John Black / Shutterstock