米小説家、H・ウォーク氏死去

「ケイン号の叛乱」

©一般社団法人共同通信社

ウォーク氏=2012年11月(STEPHANIE DIANI/SIMON&SCHUSTER提供、ロイター=共同)

 ハーマン・ウォーク氏(米小説家)米紙ロサンゼルス・タイムズなどによると17日、西部カリフォルニア州パームスプリングズの自宅で死去、103歳。

 15年5月、東部ニューヨーク生まれ。コロンビア大卒業後、ラジオ局の脚本家に。旧日本軍による真珠湾攻撃後、米海軍に志願入隊し、太平洋戦争に従軍した。

 戦後、小説家としてデビューし「ケイン号の叛乱」はベストセラーとなりピュリツァー賞を受賞。ハンフリー・ボガート主演で映画化もされた。テレビドラマとなった「戦争の嵐」など数多くの小説を手掛けた。(ロサンゼルス共同)