【MLB】大谷翔平、229日ぶり本拠地登場でファン歓声も…第1打席は好機で空振り三振

©株式会社Creative2

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ロイヤルズ戦に「3番・DH」でスタメン出場

■エンゼルス – ロイヤルズ(日本時間18日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、トミー・ジョン手術から復帰後初の本拠地での試合となったロイヤルズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。第1打席は大歓声に迎えられたが、空振り三振に倒れた。

 7日(同8日)の敵地タイガース戦で復帰した大谷。ここまで出場した8試合はすべて敵地で、打率.294、1本塁打、6打点の成績を残していた。本拠地での公式戦出場は昨季最終戦の9月30日(同10月1日)アスレチックス戦以来、229日ぶり。初回にエンゼルスタジアムの打席に立つと、地元ファンから大歓声に迎えられた。

 トラウトが二塁打を放ち、1死二塁の好機で登場した大谷。右腕ケラーにカウント2-2と追い込まれると、最後は内角ボールゾーンへの95マイル(約153キロ)直球に空振り。三振に倒れ、第1打席では快音を響かせることはできなかった。

 大谷は13日(同14日)の敵地ツインズ戦でメジャー復帰後初の本塁打をマークするなど、12日(同13日)から3試合連続マルチヒット。15日(同16日)にもヒット1本を放ち、4試合連続安打として本拠地に戻ってきた。(Full-Count編集部)