秋篠宮ご夫妻、式典に初出席

公務引き継ぎ鳥取へ

©一般社団法人共同通信社

第30回全国「みどりの愛護」のつどいの式典後、記念植樹に臨まれる皇嗣秋篠宮ご夫妻=18日午前、鳥取市の県立布勢総合運動公園

 鳥取県を訪れている皇嗣秋篠宮ご夫妻は18日、鳥取市の県立布勢総合運動公園で第30回全国「みどりの愛護」のつどいの式典に出席された。代替わりに伴い、皇太子時代の天皇、皇后両陛下が担っていた公務を引き継ぎ、今回が最初の参列。皇嗣としての地方訪問も初めてとなる。

 秋篠宮さまは式典で「新たな緑を創り出し、育てていくためには、多くの人々がその大切さを理解し、幅広く運動に参加していくことが重要」と述べた。石井啓一国土交通相や平井伸治鳥取県知事もあいさつ。緑化活動に貢献した団体も表彰された。

 式典後、ご夫妻はマメナシを植樹した。

第30回全国「みどりの愛護」のつどいの式典に出席された皇嗣秋篠宮ご夫妻=18日午前、鳥取市の県立布勢総合運動公園