鶴岡のスイデンテラスが「クールジャパン」受賞

県内初、外国人が審査

©株式会社山形新聞社

水田に囲まれたショウナイホテルスイデンテラス=2018年9月、鶴岡市

 鶴岡市のサイエンスパークにある宿泊滞在複合施設「ショウナイホテルスイデンテラス」が、クールジャパンアワード2019(クールジャパン協議会主催)の一般部門に選ばれた。県内からの受賞は初。27日に京都御苑(京都市)で表彰式が行われる。

 外国人審査委員が国際的な視点で「クール」と感じたものを評価する。15年から隔年で行い、今年で3回目。審査対象307件の中から一般、国立公園の両部門計53件を選出した。受賞により、クールジャパンの認定マークを無償・無期限で使用でき、海外へのPRなどに活用できる。

 スイデンテラスはまちづくり会社のヤマガタデザイン(鶴岡市、山中大介社長)が整備し、昨年9月に開業した。世界的建築家・坂茂氏の設計で、木造の客室143部屋を備える。四季折々の水田風景の眺め、景色と調和したたたずまいなどが評価されている。

 受賞を受け、山中社長は「今後も地域の魅力を可視化するためのサービスに磨きを掛ける。受賞をきっかけに多くの外国の方に庄内を訪れてもらえたらうれしい」とコメントした。