実体験の実話のみを歌うヒヨリノアメ、それでも世界が続くなら篠塚将行プロデュースで、デビューアルバムを7/31にリリース!

©有限会社ルーフトップ

実体験の実話のみを歌う、茨城出身の平均年齢20歳のリアルロックバンド、ヒヨリノアメが、それでも世界が続くなら篠塚をプロデューサーに迎え、7/31にデビューアルバムをリリースすることを発表した。

ヒヨリノアメは、昨年、2018年のMASH FIGHT! Vol.7 で、1000組の中から12組のセミファイナルアーティストに選ばれ、話題となっていた茨城出身の4人組ロックバンド。ボーカル・アキの私生活と実体験を、手紙の様な言葉と、若干20歳(ハタチ)という新世代の感性で描く、優しく美しくも危ういリアル・ロックバンド。デビュー作の今作は、彼らの憧れのバンドでもある、それでも世界が続くならの篠塚氏を迎え、制作。1発録りで記録されたライブ同様の生きているサウンドと、美しいメロディで、人生の20年間を必死に生きてきた彼らの感情と感覚がそのままパッケージされた様な、少年から青年に変わるその瞬間と本当の自分を、高い純度で曝け出した作品。

ヒヨリノアメは、7月31日に、デビューアルバム「記憶の片隅に」をLow-Fi Recordsより全国一斉リリースする。