世界一やさしいまち 伊佐さつま

鹿児島県伊佐市 広報いさ2019年5月1日号

©株式会社VOTE FOR

◆薬草を食べて健康に

子どもの頃、学校からの帰り道、堤防や土手に細いアサツキのような植物を見かけました。根元を引き抜くと小さく白いタマネギのような鱗茎(りんけい)が出てきます。そう、ネギに似た香りがするノビルです。採って家に帰るとお母さんがみそ和えにして食べさせたなどの思い出がある人も多いのではないでしょうか。
ノビルは野蒜と書きます。蒜はニンニク、ネギ、ノビルなどユリ科の多年草の古名です。野にある蒜ということでノビルの名がついたとされています。
ノビルの若くて柔らかい葉や鱗茎は、細かく刻むと薬味として使え、納豆に混ぜて食べると美味しくいただけます。また、みそ汁の具にすると食欲が増します。新鮮な鱗茎に味噌をつけて生のまま食べれば胃腸を丈夫にしたり、咳止めや肩こりにも効果があるといわれています。熱湯を通す程度に下処理して、酢みそ和えにしても美味しいです。茹ですぎると風味を損ね、有効成分も減ってしまうので注意が必要です。

※村上光太郎著「食べる薬草事典」「薬草を食べる」から出典

※注意
毒草のスイセンと間違えないよう!
ノビルは毒草のスイセンとよく似ているので特に注意が必要です。ノビルは葉をちぎるとネギやニラによく似た臭いがします。この他、葉や鱗茎の違いなど専門家に確認しましょう。

問合せ:(株)やさしいまち
【電話】0120-85-8341
【電話】0995-24-4631