無料クーポン券で肝炎ウイルス検診を受診しましょう

滋賀県近江八幡市 広報おうみはちまん2019年5月号

©株式会社VOTE FOR

◆ウイルス性肝炎とは?
ウイルス性肝炎とは、肝炎ウイルスに感染して起こる肝臓の病気です。ウイルス性肝炎を放置しておくと、肝臓の細胞が壊れて働きが悪くなり、治療せずにいると肝硬変や肝臓がんなどに進行する恐れがあります。肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、病気になってもなかなか症状が現れません。

◆肝炎ウイルス検診とは?
肝炎ウイルス検診は、一生に一度受けられる血液検査です。今年度から「市内指定医療機関」で実施できるようになりました。
まだ肝炎ウイルス検診を受けたことのない人は「無料クーポン券」を使ってぜひ受診ください。
※市内指定医療機関の情報は、広報4月号と同時配付の「健康カレンダー」をご覧ください。

◆無料クーポン券の対象は?
令和2年3月31日時点で、41歳、46歳、51歳、56歳、61歳の市民で、肝炎ウイルス検診を受けたことのない人です。対象の人には、5月末頃にご自宅に郵送します。

受診の流れ

※肝炎ウイルス検診で精密検査が必要となった場合、指定医療機関で受診された初回精密検査費用について県から費用補助があります。補助を受けるためには「陽性者フォローアップ事業」に同意していただく必要があります。詳しくは、お問い合わせください。

問合せ:
・健康推進課
【電話】0748-33-4252

・東近江保健所
【電話】0748-22-1300

問合せ:健康推進課
【電話】0748-33-4252
【FAX】0748-34-6612