今月のお知らせ-暮らし-(2)

宮城県大崎市 広報おおさき2019年5月号

©株式会社VOTE FOR

〈図書館利用者カードの登録内容を確認します〉
図書館利用者カードは、カードを交付した翌日、または登録内容の確認を行った翌日から、個人利用者は2年、団体利用者は1年ごとに登録内容の確認をします。
対象となる人には、来館の際に住所などを確認できるものの提示を依頼しますので、ご協力をお願いします。
問合せ:図書館図書担当
【電話】0229-22-0002

〈5月31日から6月6日は禁煙週間です〉
5月31日は「世界禁煙デー」です。
たばこは生活習慣病の発症の原因となります。また「健康増進法」が改正され、受動喫煙防止に向けた取り組みが強化されています。
禁煙治療に健康保険が適用できる医療機関や禁煙指導薬局もありますので、お問い合わせください。
問合せ:健康推進課成人保健担当
【電話】0229-23-5311

〈後発医薬品(ジェネリック医薬品)を活用しましょう〉
ジェネリック医薬品は、先に開発された医薬品とほぼ同じ効果がある、低価格の薬です。
市では、国民健康保険に加入する35歳以上の人を対象に、年3回「ジェネリック医薬品に関するお知らせ」を送付しています。いつも飲んでいる薬を、ジェネリック医薬品に切り替えることで抑えられる医療費を記載しています。切り替えを希望する人は主治医に相談してみましょう。
また、ジェネリック医薬品の希望を医師や薬剤師に伝えやすくするため、被保険者証などに貼る「ジェネリック医薬品希望シール」を保険給付課と各総合支所市民福祉課市民窓口担当で配布しています。
問合せ:保険給付課国民健康保険担当
【電話】0229-23-6051

〈埋蔵文化財包蔵地(ほうぞうち)での工事は届け出をしてください〉
埋蔵文化財は貴重な文化遺産です。自己所有地であっても、土木工事などの際には文化財保護法に基づく届け出が必要になります。事前に文化財課に相談をお願いします。

■手続きの流れ
(1)工事場所と遺跡範囲の確認
(2)協議書の提出
※所定の様式で提出してください。
(3)届出(埋蔵文化財発掘の届出)
※工事実施予定日の60日前までに所定様式で届け出る必要があります。
(4)市による調査(保存記録)

問合せ:文化財課調査担当
【電話】0229-72-5036

〈ブロック塀などを調査します〉
4月から、地震発生時における通行の安全確保のため、市内のブロック塀などを調査しています。
調査の対象となった家には、身分証を携行した建築住宅課職員が訪問しますので、調査への協力をお願いします。
詳しくは、市ウェブサイト(http://www.city.osaki.miyagi.jp/index.cfm/11,27200,34,html)で確認するか電話でお問い合わせください。
対象:平成30年度に調査したブロック塀を除く、市内全域の生活道路沿いにあるブロック塀など
※危険と思われるブロック塀などを優先に調査します。
問合せ:建築住宅課建築開発指導係
【電話】0229-23-8057

〈移住のための空き家を登録しませんか〉
市では、移住促進のため、空き家を活用して、若者移住世帯の定住を支援しています。
空き家を「空き家バンク」へ登録した場合、所有者に登録助成金を交付します。また、登録した空き家を賃貸する場合、所有者などに対する家賃や改修費用の助成制度があります。詳しくはお問い合わせください。
問合せ:建築住宅課住宅計画係
【電話】0229-23-8057

〈クールビズを実施します〉
今年度も、5月から「COOLBIZ(クールビズ)」を実施します。冷房設定温度を抑えて節電し、二酸化炭素(CO2)の排出量を減らすことがねらいです。
冷房時の室温を28度に設定し、職員が快適に過ごせる服装で従事しますので、ご理解をお願いします。
期間:5月1日(水)~9月30日(月)
実施内容:
(1)室温を28度に設定しても快適に過ごせるよう、職員の軽装化を奨励します

(2)周知用ポスターを市役所各庁舎などに掲示し、市民や事業者のクールビズや省エネへの関心、取り組みを促します

(3)ブラインドやツル性の植物でグリーンカーテンを作り、直射日光を遮る工夫をします

問合せ:環境保全課環境保全担当
【電話】0229-23-6074