「申し訳ありません」と暴走事故の元院長

©一般社団法人共同通信社

 東京・池袋の乗用車暴走事故で、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)は18日午後3時半ごろ、事情聴取を終えて警視庁目白署を出る際、報道陣の問い掛けに「申し訳ありません」と語った。