志賀草津道で一部通行止め

白根山で火山性地震が増加

©一般社団法人共同通信社

 群馬県は18日、同県草津町と長野県を結ぶ観光ルートの志賀草津道路(国道292号)のうち、草津白根山の白根山から半径1キロの立ち入り規制範囲を含む約8.5キロ区間を通行止めにした。白根山の火山性地震の増加が理由。再開の見通しは当面立っていないとしている。

 同道路は、火山活動に伴い一部通行止めが続いたが、4月19日に日中に限り全線開通。同町によると、火山活動の高まりによる通行止めは、この全線開通以降で初めて。

 気象庁の発表によると、今月18日午後1時までの24時間で火山性地震を18回観測。白根山の噴火警戒レベルは2(火口周辺規制)が続いている。