不妊治療費(人工授精)の助成について

三重県度会町 広報わたらい2019(令和元)年5月号

©株式会社VOTE FOR

町では、不妊治療のうち、人工授精を受けた夫婦の経済的負担の軽減を目的に、その費用の一部を助成します。

対象となる治療:保険給付が適用されない人工授精
対象者:次の(1)~(4)の要件を全て満たしている人
(1)不妊治療(人工授精)を受けた法律上の夫婦であること
(2)夫婦どちらか一方、または双方が町内に住所を有していること
(3)夫婦の前年(1~5月の申請については前々年)の所得の合計額が400万円未満であること
(4)県または町が認めた医療機関で不妊治療(人工授精)を受けたこと
助成額:保険給付が適用されない本人負担額の2分の1に相当する額のうち2万円を限度に助成(1,000円未満切り捨て)
助成回数:1年度1回で通算5年間
申請方法:不妊治療終了後、60日以内に下記の申請書類を提出してください。
※郵送の場合は、消印日を申請日として受理します。
申請書類:
(1)不妊治療費助成事業助成金交付申請書
(2)不妊治療費助成事業受診等証明書
(3)不妊治療(人工授精)を受けた医療機関が発行する領収証
(4)夫婦であることを証明する書類(住民票など)
(5)夫および妻の控除額の分かる所得・課税証明書

申請・問合先:役場福祉保健課
【電話】0596-62-1112