フォトニュース

長野県伊那市 市報いな令和元年5月号

©株式会社VOTE FOR

≪地域のできごとを写真で紹介します≫

■3/17(日)
高遠保育園竣工(しゅんこう)式(高遠保育園)
【新しい保育園のお披露目】
高遠町小原地区に移転新築を進めてきた高遠保育園の竣工式が行われました。竣工式には、建設に携わった地域の皆さんが出席。式典に先立ち記念植樹も行われ、この春卒園した年長児34人がハナモモ2本を園庭に植え、「おひさまになりたい」を元気いっぱいに歌うなど、新しい園舎の完成をお祝いしました。

■3/24(日)
激走!春の高校伊那駅伝2019(伊那市陸上競技場ほか)
【頂点を目指して襷(たすき)をつなぐ】
今大会は男女合わせて168チームが出場しました。春の陽気の中、選手たちは沿道から送られた声援を力に、頂点を目指した熱いレースを展開。女子は仙台育英高校(宮城県)が初優勝、男子は世羅高校(広島県)が4年ぶりに栄冠を手にしました。県内校は、女子では長野東高校が、男子では佐久長聖高校がともに6位入賞を果たしました。

■3/26(火)
ツリーパーテーションオーナメント作り(市役所 市民ホール)
【木のぬくもり感じる空間に】
市民ホールに設置された木で作られたテーブルや椅子。これらは、地元産材を活用した市民ホール木質化事業の一環で製作され、サクラやクリ、アカマツなどが使われています。この日は、約40人の親子が、木をかたどったパーテーションを彩る桜の花びらを木と和紙で作成。子どもたちは花びらを丁寧に飾り付け、華やかな桜の木を完成させていました。

■4/1(月)
集落支援員・地域おこし協力隊委嘱式(市役所)
【伊那市に新たな風を】
本年度は新たに、集落支援員では井崎由華(いざきゆうか)さんと伊藤小百合(いとうさゆり)さん、地域おこし協力隊では柴田裕充(しばたひろみつ)さんと諸田和幸(もろたかずゆき)さんが加わりました。総勢12人の皆さんは自らの定住・定着を図るとともに、これまで培ってきた知識や経験、そして新たな発想を活かして、地域の皆さんと一緒に地域づくりに取り組むなど、活躍が期待されます。

■4/6~(土)
柘植伊佐夫(つげいさお)UNITY-人物デザインの世界展-(信州高遠美術館)
【柘植さんが生み出す世界観を体感】
ビューティーデザイン、人物デザインなどで活躍する、市芸術文化大使の柘植伊佐夫さんによる展覧会。NHK大河ドラマ「龍馬伝」などで使用された衣装をはじめ、これまでに手がけてきた作品が展示されています。初日のこの日は、市内外から多くの方が訪れ、ここでしか見ることのできないデザイン画と実物を見比べるなど、その世界観に触れていました。

■4/7(日)
長野県議会議員一般選挙(市内各所)
【選挙をもっと身近に】
この日投開票が行われた県議会議員一般選挙の各投票所では、市内在住の高校生44人が選挙事務に従事し、有権者の皆さんへ投票用紙を手渡しました。この取り組みは若い世代に選挙を身近に感じてもらおうと市選挙管理委員会が企画。同委員会では、今後もさまざまな啓発活動を通して、投票の大切さなどを伝えていきます。