Official髭男dism・藤原聡 地元、島根で過ごしていた学生時代の葛藤とは

©ジグノシステムジャパン株式会社

Official髭男dismが、5月16日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。15日発売のニューシングル「Pretender」にちなみ、リスナーの『諦めたふりをして、強がっている』エピソードを募集。その中から、進学に関する声を紹介しました。

パーソナリティのとーやま校長が、まずはヒゲダンの皆さんに「諦めきれずに、強がる姿勢を見せてしまうことありますか?」と質問。ボーカル、ピアノの藤原さんは、「僕はありますね」と答え、「最初は東京とか関西とかの大学に行きたかったんです。でも島根大学っていう実家から近いところを選んだときも、後悔というか、向こう(東京や関西)で音楽をやったり大学生をやっている同級生のことを羨ましいなと思っていました。関西の学校に行った子とかは、関西弁を覚えて帰ってくるんですよ。そういうのを聞くと、“それに比べて自分は……”みたいに思うことはありましたね」とエピソードを語りました。

今回、電話を繋いだのは大学一年生の女性リスナーです。千葉県出身で都内の私立大学を第一志望にしていたものの叶わず、現在は首都圏ではない国立大学に通っています。周りの希望には応えたことになり「決して悪い選択ではない」と思いながらも、行けなかった大学や首都圏の国立大に通う友達を見ると、自分は平気なフリをして強がっているように感じるといいます。

とーやま校長:人から見たら、全然それでいいじゃんって思われそうですけどね。でも本人としては、いまだにぐちゃぐちゃするものがあるよね。

藤原聡(Vo/Pf):さっき軽く話したんですけど、僕は東京でバンドをやりたかったんですよ。「有名なミュージシャンが、東京のあの大学を出ているから自分も出たいな」とか、そういう理由で東京に行きたがったことはあったし、たぶんメンバーもそういうときがあったと思う。大輔も、バンドするために東京に行きたいって思ったときがあったよね?

小笹大輔(Gt):そうですね。でもさとっちゃん(藤原)からバンドに誘ってもらえたから、このヒゲダンっていういいバンドを続けることができたんですけど。そういうのを夢見てる時期と、ヒゲダンが形になるまで、実現するまでで悩む時期というか。イメージと現実との落差に苦しむ時間はありましたね。

藤原:東京に出て「バンドで飯食っていくんだ」って腹をくくって上京した友達とかのライブとか音源とかを聴いていると、やっぱり遠くに行った気がしたんです。それに比べて「自分たちは何でこの街で音楽をやっているんだろう」って思ったことは、正直めちゃくちゃありました。(リスナーと)同じ年の頃に一番思っていましたね。夏休みとかに帰ってきた友達がバンドの話をしていたり、東京ではこんなことがあって、こんなバンドのライブを見に行ったとか。それが、遠い世界の話なんですよ。すごく羨ましかったけど、僕も強がっていましたね。「自分が行きたかった国立大学で、勉強したかった法律と経済のところに進んだし」って言ってたけど、腹の中では、やっぱり音楽をしたかったなって想いがすごくあったっていうのは覚えています。

とーやま校長:まさに、一緒ですよね。

藤原:だから気持ちがわかるところもあるのかなと思うんですけど、僕は強がることをあまり悪いことだと思わないようにしたいなって、そのときは思っていましたね。弱みを見せることが必ず正義かっていうと、そういうことはなくって。

とーやま校長:うん。

藤原:周りの人に「大学どう?」って聞かれて、「こっちはこっちで軽音楽部に入って楽しくやっているよ」って言っていました。実際に音楽を目指す夢からは遠のいたように思っていたけど、でも「諦めてない」ってことも言ってたんです。で、その強がりを無駄にしたくないっていう風になっていって、「だったら強がった通りにやってやろうじゃないか」と思って、音楽をすごく一生懸命やっていました。奇跡的にこのヒゲダンのメンバーに出会えて、今があるんですけど。強がり続けた自分に夢が追いついてきて、現実になったんじゃないかなと思っています。強がることが恥ずかしいとは、思わないでほしいなって思いました。

とーやま校長:(リスナーに)藤原先生の話を聞いて、どんなことを思った?

リスナー:地元に残った子たちは東京に近いし、余計キラキラして見えていたっていうのはあったんです。でも、自分が今住んでいる所は千葉より北なんですけど、別に東京と比べて遜色があるわけじゃない所なんです。むしろ、私が前に住んでいた千葉のど田舎よりも、むっちゃ都会なんです。新幹線は走っているし、パルコはあるし。強がって「こっち(今通ってる大学が)第一志望だから」って言っていたけど、こっちに来て本当に良かったと思います。だから、地方に行ったからキラキラ度が失せた、じゃなくて、私が住んでる所は夏に大きなお祭りがあるんですけど、浴衣を着てキラキラ女子になります! 勉強もバッチリだし、キラキラだし、ってできるようにしたいなと思います。

とーやま校長:うん! それでいいですよね?

藤原:それでいい!


【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年5月24日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。


<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長、あしざわ教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55・金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/