アヤックス、2019-20新アウェイユニフォーム発表!久々の「深緑」に

©株式会社コリー

オランダ1部のアヤックスとキットサプライヤーのadidasは15日、2019-20シーズンに向けた新アウェイユニフォームを発表した。

同日に開催されたエールディビジ第33節延期分のデ・フラーフスハプ戦で、チームはこのNEWアウェイキットを着用。試合は4-1で勝利し、5季ぶりとなるリーグ優勝を成し遂げた。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

【関連記事】アヤックス、「街へオマージュ」の2019-20新ユニフォーム発表!背番号も掲載

Ajax 2019-20 adidas Away

NEWアウェイキットは、久々にダークグリーンを採用。垂直ストライプの中にピンストライプをあしらい、さらに斜めストライプを重ねる複雑なデザインとなっている。スリーストライプスなどの差し色にはオレンジを配し、アヤックスとしては珍しい色のコンビネーションに。

近年は使われることが無かったダークグリーンだが、過去には91-93、93-94、95-96シーズンのアウェイキットに使用。それはちょうどクラブの黄金期と重なる。

パンツはグリーンでソックスはブラックをそれぞれ基調とし、どちらもオレンジの差し色で彩る。

15日のデ・フラーフスハプ戦で着用し、この試合の勝利によりリーグ優勝が確定。NEWアウェイキットはさい先の良いスタートを切った。

アウェイキットのリリースと同時に、新しいネームナンバーも発表。ホワイトを基調に、キットカラーのオレンジで縁取り。

女子チームは胸スポンサーが「ABN AMRO」だが、アウェイキットは水平にロゴを掲出する。

18-19シーズンの優勝を皮切りに、再びクラブ黄金期の到来となるか。