光化学スモッグに注意しましょう

東京都港区 広報みなと2019年5月11日号

©株式会社VOTE FOR

■光化学スモッグとは
自動車や工場等から排出される窒素酸化物と炭化水素に、太陽の強い紫外線が当たると、光化学オキシダントが発生します。光化学オキシダントがたまり、白くもやがかかったような状態を「光化学スモッグ」と呼びます。光化学スモッグは、4~10月にかけての、日差しが強い、気温が高い、風が弱い日に発生しやすくなります。

■光化学スモッグ注意報
光化学オキシダントの濃度が高くなると、光化学スモッグ注意報が発令されます。注意報が発令されると、区では、防災行政無線等を通じてお知らせしています。

■注意報が発令されたら
「屋外になるべく出ない」「自動車等の使用を控える」等の対策をとってください。
目がチカチカしたり、のどが痛くなる等の症状が出たときは、すぐに屋内に入り、洗顔やうがいをしてください。症状が回復しないときは、医師の診察を受け、症状等を連絡してください。
月~金曜:保健予防課保健予防係
【電話】03-6400-0080
土・日曜、祝日、夜間の医療機関案内:東京都保健医療情報センター
【電話】03-5272-0303

■東京都光化学スモッグ情報
テレホンサービス
【電話】03-5320-7800
ホームページ
【E-mail】http://www.ox.kankyo.metro.tokyo.jp/ox.php

問い合わせ:環境課環境指導・環境アセスメント担当
【電話】03-3578-2490