5月31日は世界禁煙デー

神奈川県横浜市金沢区 広報よこはま金沢区版平成31年5月号

©株式会社VOTE FOR

世界禁煙デーは、1989年5月の第42回WHO(世界保健機関)総会において「毎年5月31日を世界禁煙デーとする」と定められました。厚生労働省でも1992年から世界禁煙デー後の1週間(5月31日~6月6日)を「禁煙週間」と定め、普及啓発を行っています。

禁煙はあなたの健康を守るだけでなく、あなたの周りの人の健康も守ります。世界禁煙デー、禁煙週間をきっかけに禁煙を始めてみましょう!

◆受動喫煙にはこんな危険が!
受動喫煙とは、たばこを吸わない人が喫煙者と同じ空間にいることで、自分の意思とは無関係に、たばこから出てくる煙や吐き出された煙を吸わされることをいいます。

受動喫煙は健康に影響を及ぼすことがわかっており、以下の病気等において十分因果関係があるとされています。
◇大人
・脳卒中
・臭気・鼻への刺激感
・肺がん
・虚血性心疾患

◇妊娠・出産
・乳幼児突然死症候群(SIDS)

◇子ども
・喘息の既往

参考:平成28年厚生労働省「喫煙と健康喫煙の健康影響に関する検討会報告書」

◆改正健康増進法が一部施行されました
平成31年1月24日付けで改正健康増進法が一部施行されました。この法律の基本的考え方は
第1 「望まない受動喫煙」をなくす
第2 受動喫煙による健康影響が大きい子ども、患者等に特に配慮
第3 施設の類型・場所ごとに対策を実施
となっています。
また、喫煙をする際には、望まない受動喫煙を生じさせることがないよう周囲の状況に配慮しなければならないと努力義務が課せられています。

◆「禁煙相談」に行ってみませんか?(予約制・無料)
対象者:区内にお住まいの喫煙者の方
会場:区役所5階 健康相談室(503)
日時:原則第1金曜日の午前(1人1時間程度)
内容:肺年齢測定、呼気中一酸化炭素濃度の測定、禁煙方法のご相談、禁煙外来のある医療機関の紹介など
申込み:電話、窓口、または氏名・住所・電話番号、年齢を記入してFAXで